千代寿虎屋大吟醸古酒 税送料込み

古酒もおすすめ!

全国新酒鑑評会と同一、または同一製造法の大吟を3年間以上斗瓶で熟成させ、杜氏がきき酒し、程よく熟成したお酒のみ出荷します。出荷の際は杜氏自ら1本づつ手詰めします。

硬水、軟水を使い分け美酒を醸す千代寿虎屋

霊峰・月山の玄関口を流れる清流・寒河江川は、元気な酵母を育てる名水。この水と地元の米を使い、山形杜氏が醸す酒は、まろやかな端麗辛口。毎日欠かさず人の手て醪に櫂を入れる愛情が味に生きています。

蔵について

蔵のある寒河江市は山形県のほぼ中央に位置し、東に蔵王、西に月山、葉山、朝日連峰を望み、清流寒河江川と最上川に囲まれた美しく、そして厳寒の地です。 四季折々の果物が豊富で、特にさくらんぼは日本一の里として有名。 最近では、一世帯の家族数が多いのも話題になっています。 蔵は、標高101mの平地に位置し、江戸時代の蔵を、仕込蔵等の様相はそのままに、大正から昭和の初期に建てかえたという風格ただよう木造蔵です。

歴史

平安時代、京の藤原氏が寒河江荘を立荘。 東北を代表する名刹慈恩寺の国宝や重要文化財指定の仏像群が当時を偲ばせます。 鎌倉から400年間大江氏の支配下に入り、江戸期には幕府直轄領となり明治を迎えます。 蔵は、元禄9年(1696年)に山形で創業。 幕末には家運衰徴し、酒造りもままならない時期もありましたが、8代目の代に酒銘「寿」の名声が高まり、山形に2工場、寒河江に1工場を設立。 この寒河江の蔵が大正期に分家独立し、現在にいたります。

造り

蔵内で汲み上げる伏流水は清流寒河江川より湧く硬水。 酵母の働きを活発にさせると全国に名高いこの水を酒母水にして元気な酵母を育て、西川工場の軟水の地下水で仕込み、ゆっくり発酵させます。通常の精米での*無効歩合が5~10%に対し、蔵では2%以内を目標に等厚精米に徹しています。 酵母菌にも山形酵母(9号系)を全製品に用い、山形杜氏が仕込みます。 あくまで地元にこだわり、毎日欠かさず人の手で醪に櫂を入れる手造りの酒です。
* 無効精米歩合:精米の際、米が砕けたりしたときの重量で見た 見かけの精米歩合と真正精米歩合との誤差。

商品情報

特定名称 純米大吟醸
原料米 美山錦
精米歩合 48%
アルコール度数 15.8度
日本酒度 +2.0
酸度 1.3
アミノ酸
甘・辛
保存 冷蔵
お勧めの飲み方

スタッフから一言

日本酒が美味しく飲める期間は製造されてからだいたい1年程度としているのですが、実はそれ以上の期間が過ぎ、長期間保存させることによってまるでワインのヴィンテージのように、洗練された味わいに変わるのです。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。