羽陽男山 雷神特別本醸造 中汲み 通年 税送料込み

一本一本瓶火入れを施した特別本醸造酒

山形原産の酒造好適米「出羽燦々」を全量に使用し、じっくり丁寧に醸したもろみを搾り、ほとばしり出る酒のちょうど中ほど、香り、味ともに一番安定した部分だけを丁寧に汲み上げ、 そのまま瓶詰め、造り立ての香味を詰め込んだ後、一本一本瓶火入れを施した無濾過・本醸造酒です。旨みやコクをそのままに、火入れ処理をすることで風味を損なうことなく、 さらにまろやかに、風味の安定した状態でお届けすることができました。冷やから燗まで楽しめるコストパフォーマンス抜群の一本。本醸造ながらも飲み応えしっかり、 飲み飽きしないスッキリとした味わいは、和洋中問わず料理と相性抜群!晩酌にもってこいです。

男山酒造 株式会社

「男山酒造」は、寛政元年創業、200年以上にわたって酒づくり一筋に歩んでた蔵元です。 「樹氷と紅花のふるさと」として知られる山形県は、東に蔵王連峰、西に霊峰月山を望む、自然の恵み豊かな土地柄です。 とりわけ清冽な水と澄んだ大気はおいしい酒を造るために不可欠な要素で、このように恵まれた環境の中で、「地元に支持されるまじめな酒造り」を基本とし、優れた原料の選定、技術の研鑽、設備の充実などに努力を続けています。
もちろん、機械や設備だけにこだわらず、自然と向き合い、その恵みに感謝を忘れることなく、素材の個性や味わいを活かす心を込めた酒造りに取り組んでいます。 銘柄の「羽陽男山」は京都の男山八幡宮に因みますが、蔵王山系の伏流水で醸し出す酒は、男山の名にふさわしくすっきりとした辛口で飲むほどにキレのよいおいしいお酒です。 米・水・風土に恵まれた山形の地で、良い酒づくり一筋に歩み続け、全国新酒鑑評会で5年連続を含む16回にわたり金賞を受けるなど、その品質は高く評価されています。

商品情報

特定名称 特別本醸造
原料米 出羽燦々(山形)100%
精米歩合 60%
アルコール度数 15.8度
日本酒度 + 3.0
酸度 3
アミノ酸
甘・辛 辛口
保存 冷蔵
お勧めの飲み方 常温

スタッフから一言

控えめながら甘い香り,出羽燦々の味わいがよく出ている。日本酒らしさもある。安くてうまい。名前がかっこいい。本醸造なのに立派な包装。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。